スケジュール・成績

2020年指定レース

指定レース名 開催日 開催水域 IRC クルーザー
第25回 KYCスプリングレガッタ/IRC 3月20-22日 兵庫県西宮市沖
第25回 KYCスプリングレガッタ/Joint Carnivalオープンレース 3月21日 兵庫県西宮市沖
第45回 舵杯ヨットレース 4月26日 大阪府泉南郡岬町沖
岬町長杯ヨットレース 5月3日 大阪府泉南郡岬町沖
第10回 関空一周ヨットレース 5月4日 大阪府泉南郡岬町沖
第50回 神戸まつりヨットレース 5月17日 神戸市須磨区沖
第27回 天神祭奉納ヨットレース 7月12日 大阪市此花区沖
第60回 紀伊水道レース 8月12日 和歌山市沖~徳島市沖
第38回 JSAF徳島レース 8月13日 徳島県徳島市沖 ◎(検討中)
第48回 アクサス杯 阿波踊りヨットレース 8月14日 徳島県徳島市沖
シアトルカップレース(新規) 9月20,21日 神戸市須磨区沖
新西宮ヨットハーバー開港記念オープンヨットレース(新規) 10月11日 兵庫県西宮沖
第18回 島精機カップ・和歌浦セーリングフェスティバル 11月7,8日 和歌山県和歌山市沖

*開催日は予定です。主催者発表のレース公示で確認して下さい。
*対象クラスは対象レースの公示・帆走指示書により変更する事があります。

2019年からの変更点と意図

実施要項3.1
サーキットの参加資格に、艇登録の期限(本年度は、4月25日)を設けました。
艇の更新登録が開始した後、最初に開催される指定レースの前日としました。
参加艇が、一年間で競う対象を明確にすることが目的です。

実施要項4.2
参加資格を有する艇は、IRCクラスとクルーザークラスのどちらかのクラスに分けて、レースの得点を付加します。
両クラスで得点する艇は無くなります。
年間を通じて、サーキットのクルーザークラスに参加を希望するIRC艇は、期限(本年度は、4月25日)までに、申請をお願いいたします。
クルーザークラスにのみ参加資格のある艇が、年間で上位を獲得する機会の減少を防ぐことが目的です。

実施要項4.5、6.1
各レースの得点は、オーバーオールの成績を用いて算出します。
各レースの細分化されたクラス分けは、レース間で共通した方法で行われていないためです。
細分化されたクラスで、スタート時間が異なる場合においても、オーバーオールの成績を用いますが、ディスタンスが異なる場合は、細分化されたクラスの順位を用います。
なお、オーバーオールを公開していないレースは、修正時間を用いて、オーバーオールを当方で集計いたします。

実施要項5.
サーキットは、実施要項1.にありますように、当クラブの会員間の交流、フリート間の交流、レース運営能力向上を図る目的があります。
指定レースには、当クラブ会員が、数多く参加していないと効果がありません。

本年度以降、指定レースを拡充する方向性に変更はございませんが、当クラブ会員の参加実績を基に、指定レースを見直して参ります。
各レース主催者のご理解とご協力をお願いいたします。

実施要項6.1
従来の係数を用いた修正順位による得点方法は、レースに参加した艇数により変わる順位の「価値」を、均一にすることを目的としています。
一方、「レースに参加していない艇」と「参加したが最下位となった艇」との得点の差は少なくなるので、係数によりその得点差をつける方法をとっています。
しかし、その係数は、「経験値によるもの」、「感覚的なもの」となります。
そこで、参加艇の年間の得点は、年間レースの延べの得点であることを根拠に、延べの参加艇数を「参加しなかった艇」の得点としました。

上記の得点差もより大きくなり、参加艇数が少ないレースへの参加が増えることも期待しています。
これには、年間レースが終了するまで、得点が判らないという側面もありますが、登録艇、クラス分けが4月25日に確定することで、最終レースの前には、おおよその予想がつくようにしました。
これはRRS付則A9を参考にしています。

レースに参加した艇数により変わる順位の「価値」の差は、レース間で、艇登録した参加艇数の差が少なくなれば解消します。
本年以降は、各レースの参加艇数の拡大に努め、その差を縮小することを目標といたします。
皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

実施要項7.1
項目に変更はありませんが、各レースの成績がレース終了した日に確定されない場合もありますので、本年より、レース毎のクラス1位の表彰は、各レースが終了した日には、行わないものとします。

  • IRCクラス トロフィー
  • クルーザークラス トロフィー
ページトップ